タグ:無垢フローリング ( 1 ) タグの人気記事

冬暖かい住まいは人を幸せにする5 -床を暖かくするには-

今日から4月、桜も開花したというのに、昨日、今日は寒の戻りで寒くなりましたね。
思わず背中にカイロを貼って出かけました…。

「冬暖かい住まいは人を幸せにする」まだ続いています!
今日は床を暖かくする方法についてです。

   *  *  *  

足下が冷えると、例え室温が一定のレベルに保たれていても「寒い」と感じることは、どなたも経験的に理解されている通りだと思います。冬暖かい家をつくるには、しっかり断熱して窓からの冷気も防いだあとに、床を何で仕上げるか?が大切になります。

この順番は大切。

「床暖房」を採用することで、断熱や開口部の仕様の低さを補う、熱がどんどん逃げてしまう状況で暖房器具に頼るのは、本来は優先順位が違っているということに、皆さんが気付いていく時代になったと感じます。断熱と開口部の仕様を上げることが先です。熱が逃げっぱなしで放置するのはモッタイナイです。まず、温熱環境のクオリティが下がってしまいモッタイナイ、更に余計なエネルギーコストを払い続けることになりモッタイナイ。

二重にモッタイナイ。


床の表面温度が低いまま、エアコンの設定温度を上げてしまうと、頭の方が熱くて足が冷たいという不快な状況に。
男性よりも、女性の方が足下の温度が下がると「寒い」と感じる傾向が強いとする研究結果も出ているようですが、断熱をしっかりして気密も確保することにより、室内の床と天井「上下の温度差」も小さくなりますので、有効に「冷え」を遠ざけることができる訳です。


さて、では床には何を使うのが良いのでしょうか?

床に使うフローリング材のなかでも、話をシンプルにするため、無垢材に絞ってお話すると、樹木は針葉樹と広葉樹に分かれ、ごくごく、大まかに表現すると、それぞれに以下のような特徴があります。

杉、桧、サワラなどの針葉樹     ・・・柔らかい(傷になりやすい)/暖かい 

ナラ、カバ、チェリー、栗などの広葉樹・・・硬い(傷になりにくい)/冷たい


針葉樹の中でも、無垢の杉材は特に空気を多く含み、足の裏がひんやりしない、というのはすでにご存知かもしれませんね。

ひんやりしない効果、どのくらいかと言うと、たとえば

杉の無垢床にした新しい家で生活を始めた建て主さんから「これまでは、冬は『床が冷たい』からお客さまにスリッパを出していたのに、今は必要が無いのでスリッパを出さなくなったんですよ」と報告を頂けたくらい。 希望の数のスリッパを収納できるよう、現場で収納を調整した家でしたが、、嬉しい誤算でした(笑)

ちなみに、同じ家の2階の床には同じく針葉樹の桧(ひのき)を貼りましたが、比較的密度が高く杉と比較するとヒンヤリ感があるようです。

床材の選定は、無垢のフローリングを貼ったショールームをご覧頂いたり、必ずカットサンプルが見て頂きながら説明をしています。

柔らかいので身体への負担も少なく、足の当りが暖かい。その反面、時間が経つと色が変わってゆき、傷が増えてゆく。そんなことも全て含めて時間が経過するにつれて出て来る「味」と受け止めることができるケースであれば、杉の無垢材は「冬暖かい家」の床材に適しているようです。


e0132960_20030130.jpg
杉の持つ素材としての暖かさに加えて、蓄熱効果も期待したいところ。
(ちなみに映っている椅子は、ki-to-teさんの「畳摺りスツール」文中のお宅とは別の家です…。)


またまた長くなる予感がするので、、今日はここまでに致します。
(床の話がつづきます。次回は広葉樹の床材と、床暖房のことも書きます!)





[PR]
by o-oik | 2017-04-01 20:17 | 住まいにまつわる私の考え