タグ:東埼玉の家 ( 4 ) タグの人気記事

東埼玉の家 一年点検

e0132960_12504159.jpg
先日一年点検に行って来ました。

写真を取り忘れてしまったので、画像は別日のものです。

帰りにお施主さまから頂いたおせんべいも写真撮らずに皆食べてしまった!
バリバリと美味しく頂きました、ありがとうございました。

e0132960_11065860.jpg

さて、、一年点検。

住み始めてから最初の一年間は、構造や建具など、木が乾燥して大きく動くときなので

調整が必要になるもので、1年点検では家中をチェックして調整の必要な箇所を確認します。

ちょこちょこと手直しをしてもらいながら、迎えた一年点検だったので、今回工務店さんにお願いしたのは石膏ボードの塗装部分の割れと、経過観察中の建具調整、など。(想定内で良かった。)


乾燥収縮を覚悟していた表しの梁と垂木の取り合いなども、気になる透きはなく
無垢杉と桧を使ったフローリングの状態も、良好でした。

乾燥による反りや透きは、しっかり乾燥した木材を使うことで防げるのですが、
(二ノ宮木材さん、岡部材木店さんの仕事によるものです。)

放射式の冷暖房、ピーエスを入れて4シーズンを過ごした結果、温度や湿度の変化がマイルドだったことも、良い方向に作用したのではないか。というのは監督さんの見立て。

それにしても、夏のピーエスは特に心地よさが際立ちますね…。「放射」を利用しているので風はなく乾燥しない、室内に動力がないので音もせず、静か。良いなあ(笑)。

外回りでは
軒天井、基礎や外壁のモルタルにクラックが入っていないか?など見て廻り

デッキの塗装は、竣工後の再塗装は1回目は早めにやっておくと、
その後の持ちが良くなりますよ、という話をし
外壁に張った杉板も、木口を中心に塗装をおススメしてきました。
e0132960_11455163.jpg
e0132960_11455881.jpg
中庭は、ひと夏超えて、写真の頃よりシダが繁茂しミニジュラシックパーク的な様相を呈していたのですが、竣工時の砂漠状態しか見ていなかった監督さんの「別世界ですね」との一言は妙に嬉しく「ふふ。そうでしょそうでしょ。」口には出さなかったものの、密かに得意な気持ちになりました。お施主さんも同じように感じていたのではないかな。そうだったら嬉しい!





[PR]
by o-oik | 2017-09-19 12:54 | 東埼玉の家

2016年、ありがとうございました。

今年も残すところあと2日になりました。

一年を振り返ると、今年は ご相談いただいてから、長い時間をかけ設計を進めることとなった東埼玉の家が、2月に着工し、無事引渡しとなった節目の年でした。

先日、竣工後の3ヶ月点検にうかがったのですが、家具も納まり新しい生活を楽しまれているご様子でした。建具等の調整は既に終えていましたので、点検といっても、換気扇の使い方の説明が主なところでした。

中庭に面した離れのようなフリールームを計画したのですが、暮らしの中に、人が訪ねてくる楽しみが増えたようで、
遠方から奥様のご家族が泊りに来たり、海外からもご友人が泊りで遊びに来る予定、と嬉しそうにお話してくださり、これまでの打ち合わせや現場で力を尽くしてきたことがこうして実を結んだのだなと、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

なんとその日は一泊付き点検。(笑)
お風呂を頂いたあと、初めて素足になって杉の無垢床の上を過ごしてみました。
(現場中にはなかったことですので…!)
温かみのある柔らかな感触を足の裏で確かめながら、照明器具の効果なども体感しつつ
食卓を囲んでゆっくりとした時間が過ぎて行きました。
夜もぐっすり眠れました!(設計が良いから?笑)ありがとうございました。


e0132960_13010407.jpg

設計にもスピードが求められるような世の流れもあるなか、お施主様の事情もあったとはいえ、こうして、家作りに丁寧に取り組む時間が与えられた、奇跡のようなお仕事をさせていただけたことにあらためてお礼を伝えたいと思います。
なにやらお礼言ってばかりですね、、でもありがとうございます。

現場でお世話になった渡辺富工務店の渡辺社長はじめ監督、棟梁、個性的な職人さん達にもきちんとお伝えすることができなかったのですが、良い仕事をしていただき感謝しています。本当にありがとうございました。造園でお世話になった庭・福樹園の諏訪夫妻とクジラランドスケープの高橋さんにも、お世話になりました。
ここで名前を挙げるほかにも、沢山の方たちのお力添えを頂いた一年でした。本当にありがとうございました。

力が入り過ぎていた部分があったことなど反省点もありますし、工期中はほとんどブログの更新ができなかったことなど、、残念だったこともありますが、

反省は次への力に変え、家作りを通してお役に立てるよう力を尽くして参ります
引き続き、どうぞよろしくお願い致します!

    *  *  *

年末年始は、長めにお休みを頂き
新年は、1月10日(火)から営業です。

実は、HPのリニューアル予定で今最後の作業をしていただいてます。明日までにお知らせできるかな~と思います。

どうぞみなさま良いお年をお迎えください。

[PR]
by o-oik | 2016-12-30 13:15 | お知らせ

【東埼玉の家】中庭にイロハモミジが入りました

冬至ですね。今年も残すところあと10日、
「良いお年をお迎えください」と年末のご挨拶を交わす場面も
ちらほら出てくる頃でしょうか。

更新が遅くなってしまいましたが、今月の頭に樹木の位置決め立ち会いで
東埼玉の家に足を運びました。

中庭のイロハモミジは紅葉した姿で登場。
e0132960_11314224.jpg

e0132960_11341617.jpg
モミジの足下にスナゴケ、フッキソウを植えていきます。この季節は根だけになってしまう野草も数種、植えられました。春は賑やかになりそうです。
e0132960_11332222.jpg
寒さを忘れ、植栽工事に立ち会ううちに気分が高揚している自分が居ました。

植物にとっては、冬に向かうこの時期は移植に適したシーズンですが、落葉樹は既に葉を落とした状態であることを思って、寂しい風景になるのでは…と実は心配もありました。それは全くの杞憂で、植物が共にあることで、春を心待ちにする気持ちが自然と沸き上がってくるのですね。

葉を落とした枝も、良くみれば既に春に備えて花芽が沢山ついている。植栽が入ったことで、「急に家が活き活きしますね」とお施主さまも効果を感じられたようで、改めて植栽の力を実感する一日となりました。




[PR]
by o-oik | 2016-12-21 11:58 | 東埼玉の家

中庭のイロハモミジを求めて



東京もすっかり秋の気候ですね。

9月のお引き渡しだった東埼玉の家、まだまだ夏の暑い時期だったため、
造園工事は間を置いて秋の涼しい気候のなか行うことに。

建築の着工前から、設計と平行してどんな樹木をどこに植えるか、相談してきましたが、
ようやく動き出すところまで来ました。

先日、お施主さまのご家族と、デザインでご協力いただいているクジラランドスケープの高橋さん、造園の庭・福樹園 諏訪さん夫妻に、建築から及川も連れ立って、埼玉県内の圃場を廻ってきました。

e0132960_11003926.jpg
巨大な植木鉢の列に、テンションが上がります。樹木を育て管理している圃場は、樹木を生産する農家のような処です。造園屋さんが、樹木を探しに来ることはあっても、個人の庭のお施主様が来られることは珍しいそうですが、ご主人の希望もあって高橋さん諏訪さんにセッティングして頂きました。

e0132960_10590028.jpg


最大の目的は、中庭に植えるイロハモミジを見つけること。


今回のように中庭に植えるようなケースでは、
樹木として、勢いがある良い木であるかに加え、
空間とのバランスを考慮して選定することが大切になります。
(そして、最後の決定打は、「この樹だ」とピンとくることだと思います。)

圃場の方のアドヴァイスを伺いつつ、

中庭の広さに対し必要な大きさや、目線を低くしたリビングから見たときにも丁度良く枝葉がみえるか?などの観点から、私からも助言を。

また、「単幹(たんかん)」か「株立ち」かによっても立ち姿は大きく変わります。
始めは単幹のモミジに惹かれていたご主人ですが、
最終的には2件目の圃場で諏訪さんが見つけてくれた
株立ちのものを気に入ってくださり、その日の最大の目的は無事達成することができました。

リビングからの低めの目線からでも枝振りを楽しめそうな、株の多いイロハモミジ。
株立ちのものは、自然の樹形を活かして剪定もしやすいそうです。
庭の完成がますます楽しみになりました。


   *  *  *


その後は、ご自宅に移動して、使う石のサンプルを確認しつつ、
見積もり調整とデザインの確認をしました。

オープンハウス以来、初めて訪ねた東埼玉の家でしたが、
家具や絵画も納まって、居心地良さそうに整えられているのに感激しました。

「家は人を元気にする力がある」と確信を深めることにもなった一日。
改めて、ご依頼に応えることができた幸せを感じました。
本当にありがとうございます!そして、これからもよろしくお願いします。
(と、今度お施主さまに直接伝える事にしましょう・・・。)



[PR]
by o-oik | 2016-10-25 11:21 | 東埼玉の家