冬暖かい住まいは人を幸せにする1  ー冷え性は仕方ない?ー


立春をすぎて、陽の暖かさに春の気配を感じ取ってみたくなる季節になりました。
とはいえ、まだまだ寒い。春が来るまで辛抱我慢の2月です。

私は冷え性である上に、当たり前のように冬季の室内は暖かい北海道で育った記憶は強固なようで、
いまだに「東京の家は寒すぎる。どうして建物の中に居て手がかじかむのだろう?なぜ家の中で足がしもやけになるのだろう?私何か悪いことしましたか~?」と
時々穴を掘って叫んでいます。

…というのは冗談です(笑)。もう大人なので実際はそんなことはいたしません。

おとなしく室内履きを用意し、体質を改善すべく毎朝体操を続け、漢方薬を飲み始めてみたり、根菜を多く食べ、生姜を飲み物に投入し、、etc対策を講じています。
が、PCに向かいキーボードをたたいている今も手の指が冷たい。室内履きの中の足も冷たい。

私と同じように、様々な策をとりながら寒さと付き合っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?


「寒けりゃ一枚余計に上着を着ればよいでしょう。」
「寒いくらい我慢できないとは軟弱だ!」

関東に住み始めてからこれまでに、建物の中が寒いと訴えたときの代表的な反応は上記の二つのパターンでした。

なるほどそうですね、、本州の人は随分身体が丈夫なのだな。

そう自分に言い聞かせてきましたが そろそろ我慢の限界、本音を書いていきたいと思います。笑



昨年平成28年4月には省エネ法が一部施行されて、新築住宅に課せられるスペックが上がる一方、既存の建物の中には「無断熱住宅」なるものが多く存在しているのも世の現状です。家の建物の寒さを仕方ないこととして、捉えている方は多いのではないでしょうか。「家は夏を旨とすべし」なんて、800年前に有名人がうっかり書いたものだから、まだ信じてる人が居たりして。

断熱なんかしなくても、エアコンを付ければあったかくなるでしょ。
なんてことを言ってのける人々。(注:私には、暴言に聞こえるのです。)

床下の湿気対策は抜かりなくても、床の断熱材を入れずなんの疑問も持っていない人々。彼らに遭遇する出来事があり気づかされたことがあります。

それは私たち専門家にとっての「当たり前」はまだ「世の当たり前」ではないということ。そして、彼らにはなんの悪気もないこと。私たちが十分に「お知らせ」をできて居ないことを思い知らされた出来事でした。



これまで寒かった室内の温熱環境が改善されるとどうなるのか?

今費やしている不要なエネルギーを、もっと向けるべきところに使えるようになります。

暖房エネルギーだけの話ではありません。人間のポジティブなエネルギー、健康に充実して過ごすことのできる人生の時間が増えます。(イギリスでは「住宅改修によって医療費を減らせる」という試算の元に、政策として断熱改修に取り組んでいるそうです。)

とくに、高齢者と呼ばれる年代に方々にとって、住まいの寒さ改善によって、健康寿命を延ばす可能性があるという研究もされています。※
世界に先駆けて、高齢化社会への道をばく進することになる日本で、住宅の断熱のレベルを、法律で底上げできる新築住宅だけでなく、既存住宅も含めて、底上げしてゆくことが大事だと感じます。


設計を依頼してくれるお施主様には、「当たり前」のこととして、断熱性能や居住性のことを考えた材料の提案を行ってきました。
これまで考えてきた住まいの断熱や寒さを感じにくい工夫について、数回に分けてお伝えできれば思います。

※慶応大学理工学部 伊香賀俊治教授による




[PR]
# by o-oik | 2017-02-08 13:53 | 住まいにまつわる私の考え

ホームページをリニューアルしました

e0132960_18012981.jpg

年末にお知らせ、失礼いたします。

ホームページをリニューアルしました。
「東埼玉の家」をWorksにアップしております。
ぜひご覧ください。


及川敦子建築設計室
http://www.o-oik.com/index.html



(年末のぎりぎりまで調整してくださりありがとうございました!)


皆様にとって
新しい年が、穏やかで幸せな一年となりますように。


及川敦子


[PR]
# by o-oik | 2016-12-31 18:05 | お知らせ

2016年、ありがとうございました。

今年も残すところあと2日になりました。

一年を振り返ると、今年は ご相談いただいてから、長い時間をかけ設計を進めることとなった東埼玉の家が、2月に着工し、無事引渡しとなった節目の年でした。

先日、竣工後の3ヶ月点検にうかがったのですが、家具も納まり新しい生活を楽しまれているご様子でした。建具等の調整は既に終えていましたので、点検といっても、換気扇の使い方の説明が主なところでした。

中庭に面した離れのようなフリールームを計画したのですが、暮らしの中に、人が訪ねてくる楽しみが増えたようで、
遠方から奥様のご家族が泊りに来たり、海外からもご友人が泊りで遊びに来る予定、と嬉しそうにお話してくださり、これまでの打ち合わせや現場で力を尽くしてきたことがこうして実を結んだのだなと、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

なんとその日は一泊付き点検。(笑)
お風呂を頂いたあと、初めて素足になって杉の無垢床の上を過ごしてみました。
(現場中にはなかったことですので…!)
温かみのある柔らかな感触を足の裏で確かめながら、照明器具の効果なども体感しつつ
食卓を囲んでゆっくりとした時間が過ぎて行きました。
夜もぐっすり眠れました!(設計が良いから?笑)ありがとうございました。


e0132960_13010407.jpg

設計にもスピードが求められるような世の流れもあるなか、お施主様の事情もあったとはいえ、こうして、家作りに丁寧に取り組む時間が与えられた、奇跡のようなお仕事をさせていただけたことにあらためてお礼を伝えたいと思います。
なにやらお礼言ってばかりですね、、でもありがとうございます。

現場でお世話になった渡辺富工務店の渡辺社長はじめ監督、棟梁、個性的な職人さん達にもきちんとお伝えすることができなかったのですが、良い仕事をしていただき感謝しています。本当にありがとうございました。造園でお世話になった庭・福樹園の諏訪夫妻とクジラランドスケープの高橋さんにも、お世話になりました。
ここで名前を挙げるほかにも、沢山の方たちのお力添えを頂いた一年でした。本当にありがとうございました。

力が入り過ぎていた部分があったことなど反省点もありますし、工期中はほとんどブログの更新ができなかったことなど、、残念だったこともありますが、

反省は次への力に変え、家作りを通してお役に立てるよう力を尽くして参ります
引き続き、どうぞよろしくお願い致します!

    *  *  *

年末年始は、長めにお休みを頂き
新年は、1月10日(火)から営業です。

実は、HPのリニューアル予定で今最後の作業をしていただいてます。明日までにお知らせできるかな~と思います。

どうぞみなさま良いお年をお迎えください。

[PR]
# by o-oik | 2016-12-30 13:15 | お知らせ

今年最後の野菜が届きました。

e0132960_12250493.jpg
高校の同級生がやっている農場から、今年最後の野菜が届きました。

夏は草取りに、獣害に、大雪に…と自然と向き合い理想の有機農業に取り組む様子にいつも励まされています。

コンディションが良くないときも、届けば「ダメにしてはいけない…」と料理をしようという気になりますし、食べれば力が湧きます。
年の瀬、改めていつも助けられていることを思い、たまにはこんな投稿をしてみました。
いつもどうもありがとう。

畑山農場
http://www.ac.auone-net.jp/~hatayama/



[PR]
# by o-oik | 2016-12-28 12:35 | 日常

【東埼玉の家】中庭にイロハモミジが入りました

冬至ですね。今年も残すところあと10日、
「良いお年をお迎えください」と年末のご挨拶を交わす場面も
ちらほら出てくる頃でしょうか。

更新が遅くなってしまいましたが、今月の頭に樹木の位置決め立ち会いで
東埼玉の家に足を運びました。

中庭のイロハモミジは紅葉した姿で登場。
e0132960_11314224.jpg

e0132960_11341617.jpg
モミジの足下にスナゴケ、フッキソウを植えていきます。この季節は根だけになってしまう野草も数種、植えられました。春は賑やかになりそうです。
e0132960_11332222.jpg
寒さを忘れ、植栽工事に立ち会ううちに気分が高揚している自分が居ました。

植物にとっては、冬に向かうこの時期は移植に適したシーズンですが、落葉樹は既に葉を落とした状態であることを思って、寂しい風景になるのでは…と実は心配もありました。それは全くの杞憂で、植物が共にあることで、春を心待ちにする気持ちが自然と沸き上がってくるのですね。

葉を落とした枝も、良くみれば既に春に備えて花芽が沢山ついている。植栽が入ったことで、「急に家が活き活きしますね」とお施主さまも効果を感じられたようで、改めて植栽の力を実感する一日となりました。




[PR]
# by o-oik | 2016-12-21 11:58 | 東埼玉の家