<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

地鎮祭の効用

ぎゅっと冷え込み厳しい1月の下旬
雲一つない、晴天の下で地鎮祭が執り行われました。

お施主さまから「是非に」とお願いをした神社からは
若い神主さんがいらしてくださいました。

祭壇に並んだお供物は 海のものに山のもの、
季節の野菜や果物に、するめ、昆布、鰹節、鯛

(お米と塩、お神酒は言うまでもなし。ですかね。。)

神社からの指定で、この日のために楽しみながら
少しづつ準備されてきたものです。


”お供物の準備は
面倒だという方も多いですし、やりたくない方も居ます。
お供物の用意をしながら、
どんなものが相応しいか、考えてもらいたいという願いがあって
そんな方針で、うちの神社では 細かい指定をさせてもらっています。”


というようなことを、その神主さんはお話してくださいました。

儀式は省略化して、ドライに進めるのも一つの考え方で
お施主さまにとって気持ち良い選択であればOKと私は考えます。

でも確かにお供物を買い集めながら、お施主さまはこころの準備ができたようでしたし、
なんというか場が整うものだと感じました。
氏神様に工事の安全を祈願する、という共通の名目のために
盛砂や笹竹を準備してくださった工務店さんとも、やり取りが生まれる。
その過程で、自然と、工事が始まる下準備というか、
協力体制の雛形がつくられて
「良い家をつくろう」という思いを持った人達が
つくる場が生まれる。そういう働きがあるように感じました。



という訳で、長い沈黙(…笑)を破って 工事着工、現場が始まります。
ワタクシは、可及的速やかに防寒対策を整えたいと思います…!

(写真をとってくださったのは監督さん。ありがとうございました!)

e0132960_1754293.jpg
[PR]
by o-oik | 2016-01-28 17:06 | 東埼玉の家