<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

北海道・冬の上棟式をむかえました- 札幌の現場レポート

昨日まで、二日間札幌の現場にいってきました。

すると言っていた現場レポートをしないまま、工事は順調に進んでもう上棟式…汗。
「上棟」といいつつ、北海道の冬の現場のこと。

一般的な上棟式は、棟上(むねあげ)といって
木造の軸組みが組みあがったときに執り行うものですが、
昨日は、外壁には断熱材が入りサッシもついた状態
での上棟のお祝いでした。

温かいお茶で乾杯のあと、歓談など。
顔ぶれはお施主様ご夫婦とちょうど遊びにきていたお嬢さんにお孫さん、
大工棟梁たちと建設会社の社長に監督
それにわたくし のこじんまりした でも良い会だった。

工事も中盤は越えて、ここから内外装の工事に進んでいきます。

ここまで、拓友建設さん、それに札幌の一級建築士事務所のatelier AMIさんにも協力
いただきながら、頻繁に足を運べない遠方の現場、
すすんできたわけですが
後半も、コミュニケーションを大切に 事前の打合せをしっかりやりながら
良い家になるよう力を尽くしたいと思います。

       *  *  *

「現場監理」という仕事に感じていること。

北海道での新築現場、関東の仕事と勝手が違う点もあり、「いつもどおり」が通用しない
場面がでてきます。 
そのつど、疑問は正直に伝え 解消していく間に 施工者との間の関係もよりスムーズになってきたような気がしていますが、これは私の勝手な思い込みではナイはず…。

「そんなこと言われたことない」「こういうことは初めて」
そういう場面で、ではそこから何なら可能なのか
逆に「こういう場合は普段どうしているのか」を訊かせてもらうことで
一番良い方法が見えてくるものなのではないかと。

図面から、建物を実際に形にするには
たくさんの人たちの力が必要です。
昨年のあの暑い夏の日々、部屋にこもって鉛筆片手に唸っていたことを思うと
現場監理の時期というのは「ご褒美」とも感じられる嬉しい日々であります。
頭のなかで考え抜いたことが、現場でジャッジされる緊張感もまた
大好きです。笑

お叱りをうけてしまいそうとひやひやしつつ、でも本当に。

※後先になってしまいますけど
ここまでの工事の様子は別記事にてご紹介いたします。(本当…!)

e0132960_1556352.jpg
[PR]
by o-oik | 2013-02-24 15:50 | かみのっぽろの家

「自然栽培」のお話会

e0132960_22345931.jpg
































現場レポートより先になってしまいました汗
3月イベントのお知らせです。

今回、住まいもなにも関係ありません、 「野菜」がテーマ。

生活実感からすると、家を造ることの次、ひょっとしたらそれに匹敵するくらいの
エネルギーをたべもののことに注いでいるような気がします。笑
だから、食べることが命に直接関わる大事なことだなというのには、嘘偽りのない実感がある、
というのは開き直りですが笑

冗談はさておき、まじめな話 昨年の秋から温めてきた企画です。

「自然栽培」のお話会。農家さんを囲んで楽しく野菜のことが勉強できるお話会です。

お話いただく畑山さんの農場にも昨年お邪魔してきたのですが、
畑でまだ小さいお子さんが自由に遊んでいる姿に、ちょっと感動して帰ってきました。

野菜の命を引き出すためには「環境」が大切だとおっしゃる畑山さん。
なんだか家づくりと通じるところがあると勝手に感じて
当日は、私も楽しんでしまおうと思っています。

「これは」と思われたかた、ぜひいらしてください。
当日お目にかかるのを楽しみにお待ちしております。

---------------------------------------------------------------------------


「自然栽培」のお話会

有機無農薬に自然栽培の野菜たち。たべることは、心と身体をつくる大切なこと。どうせなら
「美味しくて身体にも良い」ものを選びたいですよね。…でも、ちょっと贅沢?
おなじように感じている方たちと一緒に、農家さんを囲んで野菜のことが楽しく勉強できるお話
会を開きたい。その想いが、その名も畑山農場の畑山さんのご協力で実現することになりました。

「美味しくて身体に良い」が「土や水、環境に良い」に繋がる安堵感もこうした野菜の魅力です。
自然栽培や、食の安全に関心がある・料理や食べることが好き・野菜を育ててみたいという方も、
ぜひいらしてください。
お話を聞いたり、質問したりのゆるやかな会になればと思います。

お話のほか、農場で育てられた野菜の簡単なお料理と試食もございます。
山梨の畑で「限界ギリギリまで寒さに耐えた」固定種の人参を一緒に味わってみましょう。
(当日会場で、自然栽培の大豆を使った自家製味噌の即売もいたします。)

春を待つ三月、午後のひとときを みなさまとご一緒できますこと楽しみにしております。


日時: 3 月9 日(土) 14:00~16:00
会場: こばやし家 京王線調布駅徒歩12分…参加申し込みの方に詳しい場所をご連絡いたします。
会費: 2000 円(野菜の一品料理とちょっとしたお土産付き)

※エプロンとお土産を持ち帰る袋をお持ちください。
※お車でのご来場はご遠慮いただきますようお願いします。

* program*
・はじめのごあいさつ (及川 5)
・お話「自然栽培と自然なやさいの話」 (畑山氏25)
・畑山さん家の「簡単人参ピクルス」 (みなさんで調理30)
・試食タイム+休憩 (20)
・お話「畑山農場のまいにち」 (畑山氏20)
・フリートーク (2 0)

お話する人:畑山貴宏(はたやまたかひろ)さん
畑山農場代表。広い古民家で妻と子供4 人で暮らす。故郷を離れ山梨で
有機農場を営む。自然の中で楽しく豊かな暮らしを追求中。

http://hatayama-organicfarm.p1.bindsite.jp/

■お 申 込:下記メール宛てにご連絡くださいませ。
oik@@o-oik.com (@をひとつお取りください)
■定 員:先着15名様とさせていただきます。
■コーディネート:及川敦子建築設計室(担当及川)

>>フライヤーはこちらからダウンロードできます。
[PR]
by o-oik | 2013-02-18 23:11 | お知らせ

鶯鳴く-うぐいす、なく

2月。曇り空の日には「春なんてまだまだ先のこと。いつまでこの寒さが続くのだろう。」
と時にやりきれない気分になったりしませんか?

しかし晴れの日差しは確実に暖かく 枯れているように見える木の枝も良く見ると
確かに、いのちが動き出しているよう・・・。

旧暦の二十四節季をさらに3分割した「七十ニ候」というのをご存知かもしれませんが、
少し前からこの言葉が気になっていて
調べてみたら、心に留まる動画を見つけました。




think the earth project というNPOがサントリーと製作した動画だそうです。
やわらかく静かで、且つとても解りやすい。

*think the earth project
http://www.thinktheearth.net/jp/


先週まで、京都から札幌へと出張続きだったのですが
週末戻ってきたらむくむくと仕事場の模様替えがしたくなってしまって
またまた移動(家具だけど)。笑

旧暦の新年も迎えたことですし
もういちど、新たなスタートを切るつもりで
一日一日過ごしたいと思います。

札幌の現場レポート、近々アップしますので
お楽しみに。
[PR]
by o-oik | 2013-02-12 18:01 | 日常