<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ノルディックウォークが楽しすぎて

e0132960_1952253.jpg















6月の終わりに、初めて参加したノルディックウォーク
という、
おそらくウォーキングの一種なんだと思うのですが
このスポーツのイベントが楽しく、すっかりリピーターと化しています。

月に1回のペースで参加し続けて、多分これで4回目。
普段は、人で混雑するような通りも、
店がオープンする前の土曜の朝という時間帯は、空気も気持ちよく、
そこをストックついて歩くという、ただそれだけのアクティビティが、
他では得られない爽快感、高揚感。
夏の強烈な太陽の下汗かき歩いてたのが、今は紅葉の進み具合を確かめながら…
季節季節の変化がまた楽しいのです。
今時期の朝日は、透明で本当に綺麗。
代々木公園の木立の間、落ち葉踏んで空の色や朝日の射す様子を見るにつけ
朝は良いな。(早起きした甲斐があった…)
と満足感に浸っています。

何も考えず、ただただ楽しいからだけが理由の
毎回参加を迎えてくださる
ピーエス暖房機の皆様、ありがとうございます。

写真は、紅葉の表参道をノルディックウォークで進む一行。
[PR]
by o-oik | 2011-11-27 20:11 | 日常

美しい場所を創る鍵

今日は暖かい一日でした。
ランチを頂きに行った店にて、たまたま合流した友人たちと共に、
多摩川の河川敷沿いにあるカフェを訪れることに。

ご夫婦でやっている大きくはない店内。
切り取られた窓からは、河川敷の土手の緑の草に日が射し輝いている様が眺められ
そこをサイクリングやジョギング、
犬の散歩をする人たちの姿が時折通り過ぎては消えて行く。

店内の壁には、時間が経って銀色に色が変わり、木目が深く浮き出た
板が張られ、白いペイントの壁と不思議な清潔感のあるコントラストを創っていました。

場所もすばらしいですが、
店のご主人も、奥さんもすっきりとした美しい表情をしており
常連さんが午後の散歩の休憩に次々おとづれる光景までもが
美しい。

「内臓からくつろげる」ような場所と時間がそこにあった。
こんな表現で伝わるでしょうか。
建築の仕事をしていて、実現したいと夢想する
美しい場所。
人を自由にする、
そこに居る人が美しい、というような
場所を生み出す鍵を一つ、思いがけず見つけたような気がしました。

とても良い日でした。

ご夫妻の余裕。
お二人自身が、楽しんでいること。
店を開けすぎて、疲れ過ぎたり、無理をしていないこと。
(定休日が多め、という感も無きにしもあらず、ですけど)

内装のデザインもさることながら
そういったことが、渾然となって美しい場所を創っているのだな。
仕事をする上では、時に自分を追い込む事も必要ですが
今日見たことは、覚えていようと思う。

店を出たところで河川敷の夕景にしばし見とれ。。

e0132960_17462524.jpg
[PR]
by o-oik | 2011-11-20 18:19 | 日常

秋の陽、一瞬の

e0132960_17112841.jpg
















成城の住宅地のなかにあるギャラリーへ
気分転換の散歩を兼ね訪れました。
鉄と、陶器と、布の作家さん3人による展示。
丁寧な手の仕事。いや、ちがうな
まっすぐな仕事。
それぞれの作品から共通して感じたことは
静けさ、です。
もくもくと何かに向かっている人の静けさというようなものが
ギャラリーにも漂っているようでした。

複数の事をこなさなければという力みや
新しく始まりつつある事への期待から
ざわついた落ち着きの無さが
ここのところの自分に無かったか?
自問する良い時間になりました。

帰り道。秋の陽は短いせいでしょうか。
透明な光を受けた草が一瞬心を捉えるのも
特別に感じて、記録を。

■Gallery ICHIYO 今回の企画展は20日まで
http://ichiyo.net/index.html
[PR]
by o-oik | 2011-11-17 17:29 | 日常

初心に帰って

今年も早いものでもう11月。
あと2月で2012年が始まりますね。
街で年賀状が売られているのを見て、「おっ」と思われた方も多いかもしれません。

時間が過ぎるのはあっという間、日々を過ごしながら
これで良いのかーと悩むことも多かったこの5年です。

先月の10月20日で、独立してちょうと5年目の節目を迎えました。
振り返れば、縁に恵まれ、沢山の方に助けられて
やっと今にたどり着くことができました。
ありがとうございます。
今はまたスタートラインに立っていて、
新しいことが始まりそうだ、そんな予感を楽しんでいます。

この秋は、あたらしい住宅のプロジェクトが始まり、
また、中断をはさみながら進めてきた札幌の住宅も、
実施図面をまとめに入る佳境にさしかかっています。

良い仕事になることを願いつつ、
楽しみながらも、気を引き締めて行きたいと思います。
皆さんにご紹介できる日は、もう少し先になりますが、
気長に、楽しみに待っていただければ幸いです。

今日ふと、「初心にかえる」という言葉が浮かびました。
これ以上、今の自分にぴったりな言葉はない、とタイトルにします。
ブログの更新も、マイペースで続けていきますので
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

e0132960_18423413.jpg
[PR]
by o-oik | 2011-11-04 18:42 | 日常