<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

待ち時間

e0132960_14193830.jpg

飛行機に乗り遅れ、急にぽっかり空いた待ち時間です。
これはこれで、
ほっと一息つけて、かえって良かったのかも知れない。


これは言い訳のようであり、それでも


焦って良いことなんて一つもない、というのは本当のことだと思う。
[PR]
by o-oik | 2010-12-28 14:19 | 日常

『大人のためのリノベーション』vol.4 セミナーのお知らせ

朝降っていた雨がきれいにあがって、時折気持ちの良い陽が射しています。
明日は祝日ですが、みなさんどんな予定をたてていますでしょうか。

ちょっと気が早い、来年のセミナーのお知らせです。
新宿では4回目となります今回は、ワタクシ及川がコーディネート役を
つとめさせていただきます。

生活のなかでも大きな部分を占める食、そしてキッチンのヒントを
持ち帰ってもらえる、勉強になりしかも楽しめる セミナーです。
ぜひご参加ください!

e0132960_10515164.jpg































【日 時】:2011年1月28日(金) 18:30~20:00(18:00開場)  
【場 所】:INAX新宿ショールーム 4階 CL stage (JR新宿駅南口 徒歩4分)
【テーマ】:

『大人のためのリノベーション』
- 集うキッチン・食べる厨房-


家づくりで夢が膨らむキッチン。家族と、友人と、職場の同僚と…仲間と作って
一緒に食べるとさらに美味しい。
楽しいひと時を分かち合う時間を大切にしたいという大人が増えています。
リノベーションで、そんなライフスタイルを実現してみませんか?
住まいのプロである女性建築家が、キッチンの活用法をご提案します。
会場ではお料理も登場、聞いて・見て・食べて 一緒に楽しめるセミナーです。

【内 容】:
1.トークセッション「集うキッチン・食べる厨房」 -食べるだけじゃ勿体ない!-
  数々の雑誌で紹介され、リノベマンションで築地ライフを満喫している岩谷さんをお招きして
  楽しむキッチン活用法をご紹介します。
 WHAISパートナー:大川三枝子/(株)オオカワ建築設計室代表
 ゲスト:岩谷みちほ氏/「すまいと」ディレクター、写真家

2.キッチンを楽しむ 
 主夫が提案「厨房でバカンス!」ハワイで覚えた家庭料理「カルアピッグ・キャベッジ」を食べよう
 ゲスト:本多重然氏/映像ディレクター

3.キッチン事例紹介-「MO邸」 鈴木早苗/ガイア・アソシエイツ

4.WHAIS新作紹介-「永田の家」 齋藤文子/齋藤文子建築設計事務所
    
5.トークタイム
 住まいの相談など自由なお話を。まずはお気軽にご相談ください。
 (個別相談をご希望の方は、資料や図面などをご持参ください。)

コーディネート 及川敦子/及川敦子建築設計室


【参加費】:無料 (定員30名)
【申込み】:メールかお申し込みフォームにて お名前・住所・連絡先と参加人数をお知らせください。
【主  宰】:WHAIS(ワイズ)

>>メール            info@whais.jp
>>お申し込みフォームへ http://www.whais.jp/seminar.html
>>フライヤーはこちらから

[PR]
by o-oik | 2010-12-22 11:10 | お知らせ

家について語る言葉

今日から12月ですね。
2010年にやり残したことはすっきり片付けて
身軽になって2011年を迎えたいものです!


---------------------------
さて

早速やり残したことを一つ。
先日26日のセミナーが終了したご報告。(修正版の再アップです。。)

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
家づくりを検討されている方には 参考になりましたでしょうか。

e0132960_114045.jpg










さて、今回のようなセミナーや、それ以外にも
「家を持とうか」と検討されている方とお話しする機会が
あります。

ワタシがこういう仕事をしていると分ると、
ご自分で情報収集した結果
「こんな風に考えてるんだけど…」とお話しして下さることが多いです。

ライフステージや、性別、価値観は様々。
マンションだったり、一戸建てだったり
検討しているものもさまざまです。


家を考えるときのテーマは
大きく二つあると思ってます。

「資産としての家」  「ライフスタイルを実現するものとしての家」


この二つは、どちらも大切なテーマ。
そして
一人一人、優先するもののバランスは様々です。



「資産として残すには…」


当然お金は大切。
そして、この方面の情報は巷に溢れている
感もありますよね。

しかし、

「どちらがトクか?」
条件を積み上げていっても
意思決定の段階になると
本当に良いのかと、迷われる方も多いのではないでしょうか。




家が「資産」であることは当然ですが、
生身の人間である私たちの
生活の器でもあります。


検討してるものはさまざまですが
お話しして下さる皆さんが使う言葉は
家の「資産」としての言葉に占められているようです。

私達の家族はこう暮らしたい、
こんなことがしたいから一戸建て、
など
「生活の器」としての言葉がでてくる方には 自信があって、
しっかり意志が固まっていらっしゃるように見えることが多いです。

どんなスペースで毎日を過ごすかは
お金と同じように、人生の質に関わります。
(と信じて、この仕事をしています。)

もっと、家について語れる言葉が必要だと思うのです。
巷の情報が偏っている(?)のは
私達家づくりにかかわるモノの責任でもありますね。



新築マンション…
庭のある一戸建て…
中古のリノベーション…
持ち家より賃貸…

この選択自体が、個性。
損得の比較では導くことのできない
一人一人、ご家族ごとの答えがあるはずです。

家について、奥様と、ご主人と、相談されるとき
どう暮らしたいか、どんな生活がしたいか
表現できる言葉を、今回のセミナーのような機会に、
見つけて帰ってもらえたら良いんじゃないか

そんな風に思うのです。
[PR]
by o-oik | 2010-12-01 11:42 | 家づくり雑記