<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

場面転換。

今まで良く知っていると思っていた人も、
場面が変わると、別人のように見えることがある。
場面変わると 役回りが変わり、役回りがかわると演技も変わる。

さて、気持ちを切り替えたいときにも、場を切り換えるというのは
効果的。人それぞれ得意技を駆使して、特に意識しなくても
日ごろからやっているのではないでしょうか。

引越したり、家具の位置を変えてみたり、春なので鉢植えを増やそうか、とか。
ランチを奮発する。。(これはちょっと違いますか。)

明日から4月。
きっかけは自分でつくって、新鮮な気持ちでスタートしたい。
[PR]
by o-oik | 2010-03-31 22:25 | 日常

春の風景

3月も残すところあと二日。
新年度に期待と決意を込めて。

e0132960_21195766.jpg
[PR]
by o-oik | 2010-03-30 23:20 | 風景

「左官仕事どろり好奇。」

毎回左官職人がゲストとなって、インタビュアーが話を聞いてゆく
という珍しい講座の第一回目に行ってきました。

第1回目のゲストは茨城は古河の左官、白石博一さん。

インタビュアーでもあった「晴れやか美術計画」の木村謙一さんと一緒に手がけたという仕事から、
今月28日にオープンするというさいたまの大宮盆栽美術館の大津壁などなど。

石膏、セメント、石灰、土の4つにわけて、その特徴から
仕事で試行錯誤を積み重ねながら白石さんが感じてきたこと
木村さんによる解説(硬化反応の化学式解説まで!)があって、あっという間の3時間だった。


水をコントロールするために、材料の配合を変え、
コテを当てて水を出す。樹脂をいれない土壁の場合は、しっかり固まっても水に戻すことができる。
土や水を操う技を繊細に繰り出す左官仕事が現代に続いていて、目にすることができることは
私達みなに残された知恵なのだと受け止めたい。

床のタタキについての話。
タタキは「三和土」と書いて、土に石灰や水を混ぜ、叩き固めると硬くなるのでタタキという。
不特定多数の人が利用する施設などでは、
ハイヒールでも削れてしまわないように、タタキを硬くしなくてはならず、
しかも工期がないので養生しなくてもすぐに硬くなるようセメントを入れることになる。
セメントは硬い、土は弱い、といった思い込みが発注者の側に強くあって、
毎回その思い込みとの戦いなのだそうだ。

セメントは硬くなるがその分割れやすくなる。といい、
歩いたときの感じがやわらかいから土のタタキが好きだという白石さんが印象的だった。

設計の仕事でも、世の中にある根強い思い込みのようなものを 圧力に感じる場面が
ある。思い込みに乗るフリをして、楽なほうにあわせていくうちに
フリがフリではなくなるのは恐ろしいことだ。
踏みとどまって、ぶつかってくる流れを感じ続けることが唯一の方法なのだと思う。 


そして、せめぎあいの中で仕事を続けている職人さんの話を聞いているあいだ、
私の目には、その姿はあるときは研究者、あるいは技術者のよう、はたまた詩人、
ときに哲学者のようにも見えていたのであった。

これから10月まで毎月一回の講座があるようです。
優秀な左官職人の話を聞ける大変ユニークな機会だと思います。
普段あまり左官に触れる機会がない、という方も、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

連続講座「左官仕事どろり好奇。」 会場:東中野パオ

e0132960_1948129.jpg
[PR]
by o-oik | 2010-03-21 19:52 |

沖縄そば

午前中、事務所にて打合せの後
パールセンターにある「沖縄倉庫」という店で昼食。
沖縄そばのやさしい和風だし、そしてうえに乗った生もずくを
疲れたおなかもじわ~と味わっているようだ。
久しぶりに落ち着いた時間を味わう。

目の前のことを疎かにして良い訳ではないのだが
肝心なことを後回しにすることになると、不必要な疲れを感じてしまう。
これからは集中しなければと しびれた頭で考える。

午後の打合せのため外出。
 
[PR]
by o-oik | 2010-03-20 13:34 | 日常

日曜日 オープンハウス

e0132960_193248.jpg














代々木八幡でのオープンハウスに足を運んだ帰りにしばらく近くを散策。力強いつぼみが見事。

築20年くらいの共同住宅をリフォームして、ゆったりとした一戸建てに変えたもの。
派手さや目新しさはないけれど、真面目で爽やかな仕事という印象だった。

状態の良い構造躯体であれば、壊せば廃棄物になるはずだった躯体を活かして、
他にしっかりとお金をかけることが豊かさに繋がるバランスがある。

既存建物を残すことがいつもベストな選択ではないけれど、クライアントにとってバランスの
良いシナリオを提案することは私たち設計者の重要な仕事で、その機会はますます増えて
いくのだと思う。
[PR]
by o-oik | 2010-03-16 19:03 | 日常

全開の黄金色

ぎゅうと寒くなって、
また暖かくなって…
植物達が タイミングを逃さぬよう
だましだまし 春が近づいてきているようです。 

寒い朝、急に起きるのはつらいので
目覚ましも何個もかけて 
心の準備をしている感じでしょうか。

(あれ違うかな?)

すでに全開の このきいろい花。
名まえはなんというのだろうかな。
夕方の陽で黄金色にひかってる
ところ。


e0132960_1846135.jpg














WHAISのブログでも記事を投稿しています。良かったら、のぞいて行って下さい!
[PR]
by o-oik | 2010-03-10 18:50 | 風景

WHAISセミナーのお知らせ

3月、4月のWHAISセミナーのお知らせです。

今回はマンションリノベーションをテーマに
2回連続でセミナーを開催します。

今すぐではないけれど、ちょっと気になる・・という方にも
楽しんでもらえるような内容になっていると思います。
前回2月にahed事務所で開催したテーマですが、
すまいと岩谷さんの協力で実例を交え、よりパワーアップした内容に。

オイカワは4月の回に、リノベーションの提案をします。
そして3月の回は来週の金曜日に迫っています!

会社帰りに、ぜひぜひお立ち寄り下さい。
参加をお待ちしてます。

--------------------------------------------------------------
WHAIS×RENOVATION
リノベーションで自分流生活
-中古マンション購入×リノベーション講座-

■日時・場所
□3月12日(金)  18:30~20:00
日本ワランティ株式会社 すまいと / 最寄駅「青山一丁目」

□4月23日(金)  18:30~20:00
INAX新宿ショールーム4F CL stage /最寄駅「新宿」「初台」


■内容
・ビーンズコープ 矢野暁さんによる中古マンション購入のポイント

・女性建築家からの提案と具体例  -実物の中古物件を題材に、リノベーションの可能性をご提案します。 

  槻岡佑三子/スタジオソイ一級建築士事務所(3/12,4/23)
  齋藤文子/齋藤文子建築設計事務所 (3/12)
  及川敦子/及川敦子建築設計室 (4/23)
  
・.「中古リノベで人生変わった」
~同い年のマンションを住まいにする~

  中古マンションリノベーション経験者である「すまいと」岩谷みちほさんと
  大川三枝子さん/オオカワ建築設計室 による トークセッション
  
  やってみて初めてわかったことも語ってしまいます。
  実際の部屋の様子もご紹介。
   
・トークタイム
  気軽にご相談下さい!
  
■申込み
メールにてお名前・住所・連絡先と参加人数をお知らせ下さい。
info@whais.jp
問合わせ ワイズオフィス 045-473-1333(アヘッド事務所内)



WHAIS HP
[PR]
by o-oik | 2010-03-05 22:34 | お知らせ