人気ブログランキング | 話題のタグを見る

音楽聴いてますか?

最初によいと思ったものに絞って、そこだけにエネルギーと時間を掛けていたほうがより深く有意義な時間の使い方なのではと思うこともありますが

一旦そこから離れて、「他はどうなのか」を知りたいと思うことがあります。

趣味の話ですと、30代の半ばくらいからクラシック音楽を良く聴くようになり
最初は恐る恐る、少しづつエスカレートしていって…
昨年は実演も聴いてみたいと
ホールに足を運ぶ一年間を過ごしていました。


今年に入って、コロナの感染が拡がると国内オケはもとより海外のホールでも以前のような演奏活動は行われなくなってしまい、

ギリギリのタイミングで、無理して聴き廻った自らの理解できない行動に「よくやった」と言いたいような、不思議な状況ではあります。。


(海外のホールに聴きに行った訳ではなくて、いってみたいという話です笑。
置いておくと安心な、「いつか叶えばというレベルの夢」ですね…。)


*   *   *


不安のなか、どこか現実感が薄く手元の日常に意識をむけることで
なんとかやり過ごして来たような自粛期間中、

国内、海外からの多くのフリーの配信を通じて
今まで以上に音楽を聴くことができたのは、貴重な時間だったのではないかと
今は思います。

聴き始めた頃に気に入ったチェリビダッケという指揮者がいます。
クラシックを聴いているという話をしたときに、好きな指揮者はと設計仲間に聴かれて
当時はまだ自信を持って答えられなかった名前なのですが、
(そんなによく聴けていないと感じていたのですね、、)


だんだんと、なぜ惹かれるのかが理解できるようになってくると
音楽を離れたものの考え方に共感ができ、建築に通じるところがあるという発見もあり、
面白いです。

「他の指揮者」を聴いていって、わかる側面もありましたし。
また最初の地点に戻った時にやっぱりよいなと感じることで、自信が持てるということでしょうか…疲れますね。笑


わかりやすく「ドヤ」っとした方が、人気が出てよいでしょうに
録音を嫌い、毒舌で完璧主義者。
リハーサルに時間を掛ける。
コワイエピソードにも事欠きませんが(笑


キラキラしい旋律で耳を満足させることは良しとしない。
各々の声部を等価に扱い、調和を生み出そうとする。


若い日に、ルネサンス音楽を学んだととある解説を読み、
(ルネサンス音楽というのはほとんど合唱ですね)

荒い言い方になってしまいますけど
音楽の源である合唱のクオリティを持つオーケストレーションに
惹かれていたんだなぁと。


長い時間がかかって、腑に落ちる瞬間というのがあるものです。

趣味も、嵌ってみるとなかなかエキサイティングだという話でした。


ーーー

そういえば、ベートーヴェンの交響曲を聴く前に、
ブルックナーから聴き始めたのも、ブルックナーの宗教合唱曲がすばらしくて
感激したのが入り口でした。笑

耳が合唱に反応する仕様になっている模様です。
(もしくは単なるヒネクレものか……)

少し聴いていってくださいまし。
全部聴くと超長いので、途中からでも どうぞ!




by o-oik | 2020-07-18 17:25 | 日常


<< 建築の止まない魅力 インスタグラムに投稿しています >>