【東埼玉の家】中庭の石工事が進んでいます

e0132960_10230973.jpg

先週末より、中庭の石工事が始まりました。

平場はゴロタ石を「土決め」というモルタルを使わない方法で並べます。雨水が浸透するので、頻繁に使う場所でなければ、時間の経過と共に自然な風合いが出やすい方法だとのこと。石の自然の形を活かして組んでいく仕事を、福樹園の諏訪さんは「根気が大事」だと話してくれました。
職方さんたちは多めに準備したゴロタ石の中から「なかなかちょうど良い石がないんですよ〜」といいながらも、石をあてたり外したりしながら、コツコツと並べていきます。


e0132960_10224395.jpg

ゴロタの平場が完成。今回使った川石は少し青みがかった綺麗なもので、見ているだけで癒されるようです。

飛び石の位置も、お施主様に実際に渡ってもらって、見え方も併せ微調整。
来週からは、植栽に入ります。

冬場の工事ですので、本当の「完成」は春の芽吹きを待つ事になりますが、お施主さまには新しい家での生活のなかで、ゆっくりと待つ時間も楽しんで頂けたらと願っています。

(そういえば、まだ夏の熱さが残る引き渡しの折に、すでにお施主さまより「来年の秋の紅葉の時期が、この家の本当の完成」という言葉も頂いていたのでした・・・わたしが願うまでもなく、きっと楽しんでいただけることでしょう!)

[PR]
by o-oik | 2016-11-30 10:56 | 東埼玉の家


<< 【東埼玉の家】中庭にイロハモミ... 11月の雪景色 >>