初セミナー 1日目終わりました。

「家族を楽しむキッチンのつくり方-模型を使って考えよう-」と題しての
WHAISセミナー第2弾。

今日、明日の二日間、わたくし及川と、sfdoの齋藤文子さんの2名が講師を勤めています。

新横浜にあるahed(アヘッド)事務所さんにて、本日1日目が終わりました。

楽しんでいただけたようで、まずはほっとしてます。


中古マンションのリフォームを模型で二案の提案、そのあと、

キッチンの事例を10数例ご紹介。

図面を引いて、一から家具屋さんに造ってもらう手作りのキッチンは、

その家族にあった工夫や、使い勝手の要望にも応えることができます。


盛りだくさんの内容で、少々欲張りすぎた感もありますが、

「充実した内容だった。」

「とっても楽しかった。」

「こんなに色々可能性があるなんて、知らなかった」

「うち(のマンション)も、できるのかな」etc.

感想を頂きました。


顔の見えない住まい手を想定して、一般的な平均値を元に

設計されているマンションは、

いざ入居して生活を始めてみると、自分には合わないところが気になって、

色々と手直ししたくなる箇所がでてくるものです。



玄関を入ると個室のドアが並んだ暗い廊下。

子供部屋は、ドアを閉めてしまうと、全くなかの様子がわからない。

客間のはずの和室には、どこにおいたらよいか分からないお歳暮や、みかんの箱が。。

壁に向かって料理していると、聞こえてくる家族の声がやけに楽しそうに感じる。。

整理整頓が、しにくい。


講師2名がそれぞれのリフォーム提案を、模型をつかってご説明しました。

模型を囲んで、参加者の方にも思い思いに話をして頂くので、

ここはどうなっているの?と鋭い質問も飛び出し、

双方向型セミナーは、緊張感があります(!)。


マンションでも、風通しが良くて、視線が抜ける、

家族が自然にコミュニケーションをとれるような住まいにすることは

可能なんだということに、参加者の方にも関心をもって頂けた様子。


充実した内容のセミナーとなりました。



明日はどんな話で盛り上がるのか、楽しみです。
by o-oik | 2009-11-06 18:58 | お知らせ


<< 秋の休日 INAXイベント無事終わりました。 >>